2戦連発の岩渕の目に涙「このメンバーで戦う最後の試合だったので…」

写真拡大

[3.9 リオ五輪女子アジア最終予選 日本1-0北朝鮮 金鳥スタ]

 リオデジャネイロ五輪出場を逃したが、FW岩渕真奈の2試合連続ゴールで日本女子代表(なでしこジャパン)は2連勝で今大会を締めくくった。

「最後まで全員でしっかり戦った結果が勝利につながったので、本当に良かった」と試合後のインタビューで振り返った岩渕。目には涙を浮かべながら「残念ながら、五輪にはつながらなかったですけど、このメンバーで戦う最後の試合だったので、しっかり勝って終わりたいと思っていた」と声を振り絞るように語った。

 試合後のインタビューで佐々木則夫監督が今大会限りでの退任を表明。2019年のフランス女子W杯に向けては、岩渕ら若い世代がなでしこを引っ張っていかなくてはならない。「ゼロからのスタートですけど、しっかり応援してもらえるようなチームを作っていきたい」と、自身を奮い立たせるように必死に前を向いた。


●リオ五輪女子アジア最終予選特設ページ