ライバルが仲間になって興奮!? U-19代表候補MF神谷、小川との“ホットライン”に手応え

写真拡大

[3.9 練習試合 U-19日本代表候補 1-2 全日本大学選抜 味フィ西]

 今年度の選手権を沸かせた男から、同じく選手権を沸かせた男へと絶妙なパスが送られる。ライバルだったからこそ分かるものがある――。MF神谷優太(湘南)は前線に走り込むFW小川航基(磐田)を「信じてパスを出した」。

 今年度の高校選手権で青森山田高の10番を背負った神谷と、桐光学園高の背番号9を背負った小川。2人はともにプロの道を進み、今回のU-19日本代表候補合宿でチームメイトになった。そして9日に行われた全日本大学選抜との練習試合(30分×3本)で、1本目にそろって先発出場を果たすと、11分に2人の連係から先制ゴールを陥れる。

 中盤でボールを受けた神谷の前方右を小川が駆け上がる。「試合や練習を見ていたら、大体の感覚であそこに動くなと分かった」と言う神谷が鋭いパスを送ると、ボールを受けた小川がきっちりと右足でネットを揺らした。「あれはもう、決めて下さいというボールでした」と神谷はおどけたものの、「ただ、あれを決めるところが小川だと思う」と同世代屈指の点取り屋に絶大なる信頼を寄せている。

「高校のときはライバルだと思われていた仲間が、同じピッチに立って仲間としてやっているのは自分でも興奮します。ライバル関係はプロでも続くと思いますが、代表に入ったら一番のホットラインと言われるような関係を作っていきたい」

 湘南でプロとしての生活をスタートさせた現在は、「朝起きたらサッカーができる幸せを感じています」と充実感を得ているが、課題も感じているようで「プレースピードを早めないといけないし、パワーも足りないと感じています」と口にした。「苦しんでいる部分もありますが、それを乗り越えないといけない時期」と現状を受け止めると、「湘南に帰ってレベルの高い練習をこなし、もっともっとレベルアップしたい」とさらなる成長を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)