いまやゲーセンは老人天国(shutterstock.com)

写真拡大

 自動ドアを開けたら、そこは老人天国だった!? デイサービスの話ではない。繁華街にあるゲームセンター内の光景である。平日昼間の「ゲーセン老人急増中」の噂は本当だった。

 ゲーセン業界の売り上げは2006年がピークで、リーマンショックの2008年から翌年の2年間では約25%も売り上げが急降下。しかし、それ以降は落ち込みも小幅化し、2014年度は主要7社の決算が前年比で10年ぶりのプラスに転じる。閉店ラッシュ下で生き残り店への移動が増加する「減収増益」現象のため、ここ数年は下げ止まり状態だと斯界筋は語る。

 もちろん、スマホ(ゲーム)登場以降の凋落(若者離れ)ぶりは目も当てられないゲーセン業界だが、そんな陰り気味の未来図を多少なりとも照らし出した救世主が御参上。それが数年前から同時多発よろしく、繁華街の娯楽場に出没し始めた団塊老人層なんだとか。

かつて荒野をめざした青年OBの居場所

 リタイア盛りの団塊世代の中には暇も小銭も持ち合わせているが「居場所」や「行き場」がない、ないしは「無趣味」で手持無沙汰な孤独派も少なくない。彼らがゲーセン老人に変身する契機は様々なようだが、「ある日、トイレを借りに入ったら同世代の方々がとても愉しそうに遊んでいたので」自身も常連になったという老婦人もいたりする。

 また、夫の定年前からゲーセン通いに目覚めて仲間数を増やし、リタイア後の同伴亭主が妻の「顔の広さ」に驚いたなんて逸話もある。少し上の世代が嵌ったゲートボールは妙な生真面目さが鼻につくし、デイサービスの年寄り扱いも鬱陶しい......とかくこだわり系の、団塊スタイルを貫きたい向きにはゲーセン仲間の関係性の緩さがいいのかもしれない。

 彼らの筆頭人気機種が、いわゆるメダルゲーム系と呼ばれる疑似ギャンブルマシンだ。換金こそできないが低資金(100円玉)で一日中遊べて、元来が子供向けゲームなのでルールも簡単だ。筐体自体が大きく、スマホや家庭機に比べて操作機や画面も大きさも「さながら老人仕様」と言えなくもない。
100円玉で「孫の笑顔」もゲットする

 ポスト若者離れの救世主が(無職の)高齢者層という補填事情はパチンコ/パチスロ業界も同等だが、「ゲーセン老人」の場合は換金目的や興奮が味わえる高い射幸性、没交渉な慰みや厭世観を満たすために自動ドアのマットを踏むわけではなさそうだ。

 事実、メダルゲームの区画にはゲーセン仕様のパチンコ/パチスロを常設している店も多く、それで十分満足。100円で速攻の高回転を出せば、通常のメダル借りよりもお得感があったりする。また、大きな筐体を複数人で囲むかたちの遊技場では隣り合っての常連仲間もできやすいのだ。

 かつては不良の溜まり場的悪印象の強かったゲーセンだが、かように最近はお年寄りらの社交場化が顕著。では、不良たちが霧散したのかといえば、一昨年秋には東京・府中市内のゲーセンを舞台に80歳の常連女性を狙った次のような窃盗事件も起きている。

 2〜3人組の不良少年らの手口はこうだ。(目星をつけていた)メダルゲーム好きの女性老人客の来店を無料対話アプリの「LINE」で連絡しあっては件のマシンを取り囲む。「これってどうやるんですか?」と一人が密着接近し、その隙を狙って別の仲間が女性のバッグを持ち去った。主犯格である無職少年の供述によれば41件の窃盗を重ね、計35万円也を違法入手。彼らはLINE上の隠語で置き引きを「狩り」、万引きを「回収」と称してやりとりしていた。

 確かに社交場の開放感と同世代中心の安堵感からマシンに集中しているゲーセン老人など、彼らからすれば絶好のカモなのかもしれない。

 安価で簡単に愉しめる恰好の暇つぶし場という以外、老人たちがゲーセンに魅せられる理由のひとつに「ボケ防止」という大義から連日通いの言い訳となる点もある。さらにクレーンゲームの景品グッズなどは「孫の笑顔」もゲットできて一石二鳥というわけだ。

 斯界では介護知識を有する従業員を増員したり、畳敷きの休憩室を設けたり、シニア向けの会員証を発行したり、初心者講座を開いたりのシルバー戦略が花盛り。

 ネット上では「テクノ老人」とも皮肉られているゲーム盤育ちの団塊世代だが、やがてバトンタッチされる次世代以降はまさにファミコン兼ゲーセン育ちの第一次エイジ。彼らのリタイア時期が到来すれば「ゲーセン老人」の呼称も当たり前過ぎて死語と化すだろう。
(文=編集部)