観戦速報・グーグルの囲碁AI「AlphaGo」が最強の棋士を破った日

写真拡大

グーグルの人工知能(AI)と、世界最強棋士のひとりとの5連戦。接戦となったその第1戦は、人がAIに敗れるという結果に終わった。2016年3月9日は、これからのAIを語るうえで重要な日となる。

「観戦速報・グーグルの囲碁AI「AlphaGo」が最強の棋士を破った日」の写真・リンク付きの記事はこちら
foreign-press-room

2/11対局中のプレスルームの様子。
PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

korean-press-room-2

3/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

korean-press-room-commentators-2

4/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

korean-press-room-commentators-3

5/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

korean-press-room-commentators

6/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

match-room-2

7/111983年生まれのイ・セドル九段は、定石にとらわれない棋風で勝ちを積み上げてきた「世界最強棋士」だ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

match-room-7

8/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

match-room-8

9/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

match-room-9

10/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

match-room

11/11PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

かつてカスパロフ、そしていまイ・セドルの名前が、コンピューターに敗北を喫した人間の名前として歴史に刻まれることになった。

3月9日13時(日本時間)に始まった「Google DeepMind Challenge Match」の第1戦は、16時30分頃にイ・セドル九段が投了し、人工知能(AI)が人に勝利するという結果に終わった。

グーグルが2014年1月に買収した英国の“人工知能スタートアップ”DeepMind(ディープマインド)。彼らのテクノロジーが、何をもって革新的とされるのかを説明するのは、同社CEOのデミス・ハサビスらにインタヴューした『WIRED』VOL.20の特集記事に譲りたい。だが、この日DeepMindの囲碁プログラム「AlphaGo」(アルファ碁)が手にした勝利が、テクノロジーの歴史において大きなマイルストーンとなったことは、ここでしっかりと記しておきたい。

関連記事「囲碁の謎」を解いたグーグルの超知能は、人工知能の進化を10年早めた(2016.1.31)

この勝利に向けられた人々の感情は、対局直後からソーシャルメディアに溢れている。そして、コンピューターと人が差し交わした一手一手についても、すでにして多くの解説がネット上に公開され始めている。

本記事では、ひとつだけ、本対局を振り返って記しておきたい。それは、AIは人らしく指したと同時に、AIだからこその打ち手も見せた、ということだ。

この日、『WIRED』日本版では、対局が中継されたYouTubeライヴストリーミングを、日本が誇るコンピューター囲碁研究に携わる研究者・開発者らとともに見届けた。

終局後の彼らとの対話の内容を抜き出してみよう。曰く、「DeepMindが打った手には『人であれば打たないだろう』と思えるものもあった」「その瞬間は、その手が有効だとは思えなかった」「しかし終わってみれば、それがあったからこそDeepMindは勝てたのかも知れない」「あるいは、勝敗とは関係ないのかも知れない」…。

AIは、人が盤上に見出せていない何かを見ているのかもしれない──。過剰な思い入れとも言われそうだが、その進化には期待せずにはいられない。

さて、戦いはまだ終わっていない。第2戦は3月10日(木)に行われる。そして、5回にわたって開催される決戦の詳細については、4月9日に発売となる雑誌『WIRED』VOL.22にてレポートをする予定なので、誌面をぜひご期待いただきたい。

関連記事もし、AIが囲碁で人間を打ち負かしたなら

さらに詳しいディープマインド創業ストーリーは、『WIRED』VOL.20「人工知能」特集にて!
Amazonで購入する>>

『WIRED』最新号VOL.20「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。グーグルが4億ドルで買収したディープマインドの3人の天才創業者たちの半生や、クーロンとCrazystoneの日本人棋士への挑戦の記録も掲載! 特集の詳しい内容はこちら。

TAG

AIAlphagoDeepMindGoogleRecommendWIRED JAPAN