いよいよ電力自由化!電力会社ってどうやって選べばいいの?

写真拡大

各企業がこぞってテレビCMを打ち出していますが、いよいよ2016年4月から電力の小売り自由化がスタートしますね。

でも、なんとなく聞いたことはあっても、「切り替え手続きが難しそう…」「どうやって電力会社を選んだらいいのかわからない…」などと悩んでいる人は多いはず。

そこで今回は、「電力自由化」についてと、「電力会社の選び方」について紹介していきたいと思います。
電力の小売り自由化ってそもそも何? 
今までは、一般家庭や個人商店はそれぞれの地域の電力会社でしか電力契約ができず、自由に電力会社を選ぶことができませんでした。ところが、好きな電力会社やプランが選べるようになるというのが、2016年4月1日から開始される電力自由化ということ。

小売り自由化によって“電力”に新規参入する事業者も多く、割引などのサービスの向上が期待されています。

­

でも、「何かよくわからないから、電力会社を4月までに選べるかわからない!」と、小売り自由化までに何も手続きをしなかった場合でも、そのまま今利用している電力会社から電気が送られてくるので、電気が止まるわけではないのでご安心を!
面倒?意外に簡単?電力会社の切り替え方法とは 
そして次は、電力会社の切り替え方法をご紹介します。

まずは、新しく利用したい電力会社へ、切り替えの申し込みをしましょう。ホームページからの手続きが便利ですが、少しでも疑問がある場合は、切り替えたい電力会社の電話窓口などに相談して、疑問を解決してから切り替えてくださいね。

ちなみに、今利用している電力会社の解約は、新しく利用する電力会社が代わりに手続きできるようです。

­

切り替えの申し込み後は、電気メーターをスマートメーターという新しいタイプのメーターへ交換します。このスマートメーターは、電気の使用量を遠隔で検針できるなどの通信機能がついたメーターのこと。

ちなみに、交換作業には原則として費用はかかりませんし、交換作業は現在利用している電力会社が行うようです。

こうしてメーターの交換が完了したら、新しい電力会社との契約がスタートします。“電力会社の切り替え”というと複雑な手続きが必要なイメージですが、「新電力会社へ申し込み」と「メーターの交換」という、たった2ステップで完了しちゃいますよ。
新しい電力会社に興味はあるけれど…、停電は大丈夫!?
今回の電力小売り自由化に合わせて、多くの企業が電力小売りに参入しました。その数はトータルで100社以上も!

選択肢が増えることは消費者からすると嬉しいことですが、やはり気になるのは“電力会社を変えたことで、停電しやすくなるかどうか”ではないでしょうか?

­

結論から言うと、どの電力会社を選んでも電気のクオリティは変わりません。電気は発電所などで作られ、送電所や配電線などを通って私たちの家庭に届きます。

少し難しい言葉ですが、今回の電力自由化は「発送電分離」で行われます。つまり、自由化されるのは発電の部分だけで、私たちの家庭に届く送電の部分は、国の規制で既存の電力会社が行うということ。

そのため、万が一契約している電力会社の発電施設にトラブルがあっても送電会社から電気は送られますので、「電気がこない!」という事態には陥りません。

­

また、電線の故障なども送電会社が担当します。クオリティに問題があるとすれば、電力会社が倒産した場合です。

突然電気が止まることはありませんが、既存の電気会社と一時的な契約をするため、やや割高な電気料金になる可能性があります。しかし、その場合はまた新しく電力会社を選べばいいので、あまり心配することはないでしょう。