7日、香港紙・明報によると、香港黄大仙のショッピングセンターで15歳の男子生徒が高所から飛び降り、死亡した。写真は香港。

写真拡大

2016年3月7日、香港紙・明報によると、香港黄大仙(ウォンタイシン)のショッピングセンターで15歳の男子生徒が高所から飛び降り自殺を図り、死亡した。

【その他の写真】

記事によると、香港では最近、若者の自殺が相次いでいて、昨年9月からこれまでに16人が自殺している。このうち、最年少は11歳だった。今年に入ってからは、大学3年の女子学生や中学生5人など、計7人が自殺しており、男子生徒で8人目となる。

自殺の動機の多くは、学業のストレスや、進学後に環境になじめなかったことだとみられている。(翻訳・編集/北田)