レベルの高い場所へ――。「今の代表のスタイルに合っている」特長を最大限に活かして、欧州組からポジションを奪う覚悟だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 練習後の囲み取材で、ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表監督は普段と同様に饒舌に「Jリーグでは見られないプレースピードだった」と成果を語った。だが、合宿最終日にありがちな「満足した」というありきたりのものに終始しない。厳しい要求も突き付けた。

【PHOTOギャラリー|トレーニング最終日@千葉】

「何人かは満足できるパフォーマンスではなかった。A代表に入りたければ、言葉だけで『やりたい』と表現するのではなく、攻守で必要なことを理解して実践して欲しい」
 
 その後、選手たちはすぐに記者の待機するミックスゾーンに姿を現わしたので、そんな一幕があったなど知るはずもない。
 
 察するに指揮官の言葉は、浅野拓磨に向けられたものではないだろうか。
 
 浅野は、締めのゲーム形式練習で練習意図を体現して1ゴールを決め、宇佐美貴史の得点にも絡んだ。しかし本人は、「強く意識づけさせられたスプリントの回数は増えました。(ゲームでは)自分の良い部分のアピールに成功したとも思う。ただ、僕はもっとできたと思っているし、もっとやらなきゃいけない」。

 前への意識や、1タッチでボールを落として裏へと抜ける動きに手応えを感じつつも、十分に満足していないことは、次の言葉からも読み取れた。
 
「クラブでは納得できるプレーができていない。欧州組が合流した時に生き残るためには、なによりも結果が重要になる」
 
「ハリルホジッチ監督からは『クラブでスタメンを獲れ』と直球で言われた。あとは、ボールを受けた際のコントロールですね。『技術を高めろ』と……」
 
 紅白のビブスを着て2チームに分かれた選手たちの間で、ボールは小気味よくピッチ上を走っていた。特に浅野が入った白チームは、縦につけ、落とし、スペースに走る、をより精度高く繰り返し、ゴールを奪っている。
 
 プレーぶりは悪くない。むしろ、良かったはず。では、なぜこの男は反省の言葉を口にしたのか。それを解く鍵は、海外クラブから興味を持たれている、という話題が自身に向けられた際の応答に隠れていた。
 
「兄から連絡が来て、報道を初めて知った」と戸惑いを見せながら、「レベルの高い場所に行きたい気持ちはある」と「“世界に出る”という目標が常に自分のなかにある」ことを吐露した。
 
 これまでも現状に満足せず、目標へと邁進したからこそサクセスストーリーを描いてきた。その途上で、海外への興味も口にしたこともある。だが、今回よりハッキリと「”世界に出る”という目標」を明らかにしたのは、代表合宿で受けた刺激が向上心に火を付けたからだろう。
 
 リオ五輪を疎かにするつもりなど毛頭ない。しかし、そこで目指す頂点への道は、あくまで通過点と認識している。「フル代表に定着したい」。そのためには単に速いだけでも、単に走るだけでも、単に戦術理解度が高いだけでもダメだ。「今の代表のスタイルに合っている」という縦へのスピードやタイミングの良い飛び出しを活かし、目に見える結果を残さなければならない。
 
 世界への扉をノックするために――。ハリルホジッチ監督から「天性のストライカー」と称された紫熊の切り札の雰囲気は、さらに研ぎ澄まされたように感じる。代表定着と欧州挑戦に一歩でも近づくべく、浅野拓磨は様々な刺激を糧に成長を続けている。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)