決して破られることはないと信じられていた記録が、ついに更新されようとしている――。

 オールドファンには説明不要だろう。1995−96シーズンにシカゴ・ブルズが打ち立てた、72勝10敗(勝率87.8%)というNBAシーズン最多勝利記録。この年のブルズは、紛れもなく「NBA史上最強」と呼ばれるチームのひとつだった。

 その記録に今シーズン迫っているのが、現在56勝6敗(勝率90.3%)のゴールデンステート・ウォリアーズだ。レギュラーシーズン残り20試合を3敗以内で乗り切れば、大記録が誕生する。

 さかのぼること21年前......。メジャーリーグに挑戦していたマイケル・ジョーダンは、1994−95シーズンの終盤にNBAに復帰した。しかし、トップフォームにはまだ遠く、ブルズはカンファレンス・セミファイナルで敗退する。その雪辱を果たすため、ジョーダンが万全の状態で迎えたのが、ブルズ2度目のスリーピート(3連覇)の幕開けとなった1995−96シーズンだった。

 スターターはロン・ハーパー(PG)、マイケル・ジョーダン(SG)、スコッティ・ピッペン(SF)、デニス・ロッドマン(PF)、ルーク・ロングリー(C)。主な控えにトニー・クーコッチ(SF)、スティーブ・カー(PG)。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 この年、ジョーダンがシーズンMVPと得点王(平均30.4得点)、ロッドマンがリバウンド王(平均14.9リバウンド)、クーコッチがシックスマン賞、フィル・ジャクソン・ヘッドコーチ(HC)が最優秀コーチ賞をそれぞれ受賞。さらに、ジョーダンとピッペンはオールNBA 1stチームに選出され、ジョーダン、ピッペン、ロッドマンがオールディフェンス1stチームに選出されている。

 そんな伝説のチームを上回る勝率で、今季のウォリアーズは勝ち星を積み重ねている。

 シーズンが始まると連勝街道をひた走り、「開幕24連勝」というNBA記録を打ち立てた。現在まで6敗を喫しているものの、連敗は一度もない。敗れた試合も、そのほとんどが主力の欠場などの明確な理由があり、ウェスタン6位のダラス・マーベリックスや、同7位のポートランド・トレイルブレイザーズに負けた以外は、プレイオフ圏外のチーム。東西の上位チームには、いずれも敗れていない。

 今季のウォリアーズのスタイルは、その圧倒的なオフェンス力で対戦相手をねじ伏せるというものだ。1試合の平均得点115.1点はリーグナンバー1で、2位のオクラホマシティ・サンダーが平均110.0点、3位のサクラメント・キングスが106.9点であるように、いかに特出した攻撃力を誇っているのかがわかる。

 この圧倒的なオフェンス力の原動力となっているのが、「ベビーフェイスのスナイパー」ステファン・カリー(PG)である。

 カリーは現在、スリーポイントシュート成功数301本、そして132試合連続でスリーポイント成功というNBA新記録を更新中。また、1試合最多記録タイとなるスリーポイント12本成功や、2試合連続でのスリーポイント10本以上成功というNBA記録も樹立している。

 圧巻だったのは、2月27日のオクラホマシティ・サンダー戦。前の試合で10本のスリーポイントを沈めていたカリーは、この試合でも16本中12本のスリーポイントを成功させた。なかでも驚愕だったのは、同点で迎えたオーバータイム残り0.6秒に放たれた1本。カリーは、スリーポイントラインの約3メートル後ろから狙いすましたロングスリーを沈め、チームを121−118の勝利に導いている。

 この試合の直後、ダーク・ノビツキー(マーベリックス/PF)は多くのファンと同じ感想をツイッターでつぶやいている。「2試合連続でスリー10本? まるでテレビゲームだな......」。

 また、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/SF)は、「バスケットボールの歴史で、彼のような選手を見たことがない!」とつぶやき、ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート/SG)や、デマー・デローザン(トロント・ラプターズ/SG)といったオールスタークラスの選手も、続々と同じ言葉をつぶやいた。

「ヤツは人間じゃない」

 そんなカリーのすごさを、数字で見てみたい。

 平均30.7得点はリーグ1位。この数字は、例年の得点王が残すものと同程度である。しかし、驚くべきはシュート成功率だ。カリーのフィールドゴール成功率は、アウトサイドプレイヤーとしては驚異の51.2%。さらに、スリーポイントシュート成功率も46.1%というハイアベレージだ。

 バスケットボールにおいて、シュートエリアがリングに近ければ近いほど成功率が上がるのは必然。しかし、得点ランキング上位のインサイドプレイヤーの成功率を見てみると、平均27.3得点(リーグ4位)のデマーカス・カズンズ(サクラメント・キングス)のフィールドゴール成功率が45.1%。平均24.0得点(同8位)のアンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)が49.9%。つまり、カリーはオールスタークラスのインサイドプレイヤーと同等、もしくはそれ以上の確率でスリーポイントを決めることができる「前代未聞のシューター」なのだ。

 さらに、カリーのスリーポイントは他のシューターと大きく異なる。多くのシューターはスクリーンなどを駆使し、スペースを作った状態でパスを受けてシュートを放つ。よってディフェンスからすれば、そもそもボールを持たせなければシュートを打たれることはない。しかしカリーの場合、自身がドリブルしながらわずかなスペースを作り出し、スリーポイントを打ち、決めてしまう。

 ポイントガードのカリーに、ボールをまったく持たせないことは不可能に近い。また、カリーは従来のセオリーや常識にとらわれず、いつでも、どこからでもスリーポイントを自分のタイミングで打つ。もしも、カリー以外の選手が同じタイミングでシュートを打って外せば、HCは即刻ベンチに下げるだろう。

 そんなカリーを擁するウォリアーズは、偉大なるチームの記録を破るのか――。NBAファンは、「記録を破ってほしい」「破ってほしくない」と、花びら占いのような日々が続くだろう。だが、悪童ロッドマンは、こう言い切る。

「俺は、奴らが81勝1敗でも気にしない。最初に成し遂げたのは俺たちだ。そして、俺たちが72勝したときのリーグは、今のリーグより110%よかった」

 一方、2月に開催されたオールスターゲームの前日、ジョーダンと会話をする機会があったウォリアーズのクレイ・トンプソン(SG)は、こう言われたという。

「頑張れ。記録を破るんだ」

 新記録誕生の予感に胸を高鳴らせると同時に、多くのファンは時代もルールも異なる2チームを頭のなかで戦わせるはずだ。「いったい、どちらが強いのか?」と。

 ブルズ時代はプレーヤー、現在はウォリアーズHCとして両チームをもっともよく知るスティーブ・カーは、記者の「どちらが強いのか?」という問いに対し、「実現しようのない仮想の試合についてコメントするのは拒否する」と答えている。しかし、「では、そもそも仮想空間の試合として、冥王星で試合が行なわれたのなら?」と聞かれると、楽しそうにこう返答した。

「試合終了のブザーと同時に、ジョーダンの上から放たれたカリーのスリーですべてが決まると思う。そのシュートが入るかどうかは......わからない」

※数字は3月8日現在

水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro