違法・有害情報内訳

写真拡大 (全4枚)

 「児童ポルノ」そして「リベンジポルノ」など、“ネットから消したい情報”に対して、相談・通報を受け付けているセーファーインターネット協会。同協会が、2015年の活動をとりまとめたレポートを公表した。レポートから、「相談」の重要性が浮かび上がっている。

 それによると、2015年に見つかった違法・有害情報は7,064件。そのうちの95%に当たる6,711件が国外サイトに掲載されていた。なお自主パトロール実施に注力したことから「児童ポルノ」の把握数は、昨年の86件から5,466件に大幅増となっている。

 これらの違法・有害情報のうち、6,898件に対し削除を依頼。76%の5,239件が削除された。「児童ポルノ」の削除依頼数は5,466件で、79%の4,333件が削除された。きちんと相談し削除依頼を行えば、かなりの確率で削除されるといえる。

 また「リベンジポルノ」の相談数は25件。複数個所に拡散されていたことなどから、これらに基づく削除依頼数は472件と数倍にのぼったが、そのうち81%に当たる381件(81%)が削除された。削除までに要した期間は、3日以内に6割以上が、2週間以内に8割以上だという。そのため、リベンジポルノの対抗策としては、「とにかく早期に相談し、拡散を防ぐ」ということが有効と思われる。

 セーファーインターネット協会では、ネット上の違法・有害情報に関する相談・通報を受け付け、警察への通報、サイト運営者やプロバイダ等に削除依頼する「セーフライン事業」を展開しているが、今回新たに、リベンジポルノ被害者を支援するための啓発サイトも公開。削除依頼するための案内、悩み相談窓口、警察通報窓口などを掲載している。

■関連リンク
リベンジポルノの被害にあわれたら
セーフライン統計情報