一瞬で情報を処理できる、脳のメカニズム

写真拡大

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。分子動力学の計算モデルを利用した、脳活動の「非常に詳細な」シミュレーション研究が行われており、各種認知障害の治療に役立つかもしれない。

「一瞬で情報を処理できる、脳のメカニズム」の写真・リンク付きの記事はこちら

は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。

この研究は、脳の信号伝達に関与するタンパク質の高分子「AMPA型グルタミン酸受容体」に注目したものだ。

この結果は、自閉症やアルツハイマー病などの脳疾患についてのこれまでの理解に影響を与える可能性があるという。

いっぽう、脳の情報処理に障害が起こる疾患としてはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)によるものもある。HIVによって生じる後天性免疫不全症候群 (AIDS)はさまざまな症状をもつが、そのなかに「認知機能の障害」もあるのだ。

HIV感染細胞が中枢神経系組織へ浸潤し、脳の神経細胞が冒されるとHIV脳症と呼ばれ、学習や記憶、意思決定、運動協調性などへの障害を引き起こすことがある。

この症状は回避できないものではないとする研究を、ジョンホプキンズ大学のチームがこのほど発表した。抗うつ剤のパロキセチン(パキシル)を使えば、これらの症状の多くをある程度まで改善させることができるという。

HIV患者を対象に24週間にわたって行われた調査では、認知テストの得点が平均で0.15上昇した。比較として、パロキセチンを服用しなかった患者の得点は-0.33と悪化している。パロキセチンなどの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)がHIV患者の認知レヴェルを改善させることが示されたのはこれが初めてだという。

関連記事:もし「瞬間移動」すると、脳はどう反応する?

TAG

BrainResearchWIRED UK