8日、あるTwitterユーザーが、僧侶が発行する粋なフリーマガジンを紹介し、反響を呼んでいる。

投稿では、このユーザーが京都の宿坊で手に入れたというフリーマガジンを、3枚の画像ととともに紹介している。 1枚目の画像は、フリーマガジンの表紙の写真。子どもと一緒におもちゃの車に乗り、普段とはギャップのある驚きの表情を見せる僧侶が写る。さらに、「フリースタイルな僧侶たち」というタイトルと、今号の特集「ふつうのお坊さんの生態」の文字が読め、一風変わった視点から僧侶を知ることができるようだ。

2枚目の画像は、イベント告知で「アラサー僧侶とゆるーく話す会」と堅苦しさをまったく感じさせない催しを紹介。さらに最後は、「May Buddha Bless You!!(お釈迦様のお導きがありますように)」とお坊さんらしからぬ英語でしめており、投稿者は「これはずるいわ…こんなん気になるに決まってる……」とのコメントを添えていた。

このツイートは、8日12時半の時点で、5500件以上のリツイートと、3800件以上の「いいね」を集め、インターネット上で話題になっている。

なお、「フリースタイルな僧侶たち」は浄土真宗本願寺派の僧侶、若林唯人氏が発行人を務めている。ウェブページも展開するほか、誌面にはネット上からアクセスできるようになっている

【関連記事】
NON STYLE・井上裕介の巨大広告に騒然「ゲーセンがエライ事に」
菜々緒がTwitterでの言い争いでドSぶりを発揮か「逃げるからつまらない」
海外ディズニーランドのキャストが取ったダウン症の少女への対応が話題に