▽日本代表は9日、7日から3日間にわたって千葉県内で行われたトレーニング合宿を打ち上げた。全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFW小林悠(川崎F)は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に初招集された今回の合宿を経て、代表への思いが強まったことを告白。この経験を自身の成長に還元していきたいと意気込んだ。

FW小林悠(川崎F)

──代表でプレーしたことでより代表への気持ちが強まったか

「レベルが高い集団の中でプレーすることで、自分の足りない部分も見えてくる。もっと上手くなりたいというのが一番だし、そういう欲が出てくる」

──代表でプレーしてみてどうだったか

「3日間しかなかったので、合わせるのは難しかった。けれど、コミュニケーションを取りながら、動きがかぶったときにはしっかり話すようにしていた」

「ワンタッチ、ツータッチではたいて、裏に抜ける動きはフロンターレでやっていることとあまり変わらない。自分の良さを出して、もっともっと成長していければ」