▽日本代表は9日、7日から3日間にわたって千葉県内で行われたトレーニング合宿を打ち上げた。全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたMF遠藤航(浦和)は、この3日間を振り返りつつ、U-23日本代表の主将として生かしていきたいとコメントした。

MF遠藤航(浦和)

──この3日間を振り返って

「A代表のコンセプトを再確認できたことや、またここでプレーすることで湧いてくる『また次も入りたい』という意欲も確認できた点は、よかったと思う。短い期間だったけど、良いトレーニングができたんじゃないかなと思う」

──この合宿がU-23のメンバーに与える影響は?

「これだけの短期間で何とも言えないが、少ない人数でも、ここで経験できたことは大事なことだった。何人かの選手がここでプレーできたことは、ほかのU-23メンバーにとって刺激になっただろうし、今回選ばれたメンバーもここに入り続けたいという思いがより強くなったと思う」