写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユミルリンクは3月9日、TLS暗号化したメールを配信する機能を追加したメール配信システム「Cuenote FC」の最新版を同日から提供開始すると発表した。

「Cuenote FC」は、ASP・SaaS型/オンプレミス型ライセンスのどちらでも導入でき、配信数無制限で月額5,000円から利用できる。今回のTLS暗号化の機能追加によりSTARTTLSをサポート。STARTTLSは、メール送信先のサーバがSTARTTLSに対応していれば、メール送信するための通信は自動的にTLS暗号化し、送信先のサーバーが対応していなければ、メールを平文で送信する仕組み。

同社によれば、大手メールサービスのGmailでも、TLS暗号化を採用しており、TLS未対応のメールは、警告アイコン(赤い南京錠のアイコン)を表示するなどの対応を行っているという。

(丸山篤)