写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アフレルは3月7日、教育版レゴ マインドストーム EV3を使ったシステムエンジニアやプログラマ向け新入社員研修サービス「ソフトウェア開発・実践研修 EV3版」を発売した。

同サービスは、EV3を用いて、作成したプログラムやシステムを視覚化。ロボットの動きを通して、分析・設計からプログラミング、テスト、納品までを実践して体験できるため、「前後の工程のつながり」や「テストは設計内容に紐づく」といった、各工程の意味、重要なポイントを体得することができるという。

なお、価格は89万5000円(受講者5名、講師1名、期間3日間の例)から、となっており、同社では年間40社でのサービス実施を目指すとしている。

(小林行雄)