写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●のりかえ割で最大1年間の利用料金が無料に
トークノートは3月8日、社内SNS「Talknote」で、企業が独自のスタンプを導入できる「スタイルスタンプ」の提供を開始した。同時に「のりかえ割」も提供する

今回のスタイルスタンプは、企業が自社文化に合わせたスタンプを導入できるもので、元LINEのCEOでC Channel 代表取締役の森川 亮氏の提案によりサービス導入を決めた。

スタンプは犬や鳥、アザラシなどの動物を絵柄にしており、1セット40種類計200種類が全企業で利用可能となる。また、企業ごとにカスタマイズしたスタンプの提供も行う。

独自スタンプの制作ノウハウを持たない企業に対しては制作代行を行い、1セット40個40万円、2セット80個70万円、3セット120個100万円の価格で提供する。トークノートが企業にヒアリングを行い、どのようなキャラクターのスタンプが必要か、同社が規定するガイドラインに合わせて、既存のパーツも組み合わせつつ顧客企業へ提供する。なお、著作権はトークノートに帰属するが、(顧客企業)自社の名刺などの、販促物以外の用途であればスタンプ以外の利用は許諾するとしている。

また、スタンプ機能の提供に合わせ、同日より「のりかえ割」の提供も開始した。これは、社内SNSの市場拡大に合わせて利用企業が増えている中で、他社製品を利用する企業から製品移行を促すもので、最大1年間、レギュラープラン(1人当たり月額880円)かプラスプラン(同1780円)を無料で利用できる。期間は、現時点で利用しているビジネスSNSの契約期間と同じ期間となる。

●森川氏がスタンプ機能を推した理由は"差別化"
記者説明会には、トークノート 代表取締役 小池 温男氏と社外取締役の森川 亮氏が登壇した。

初めに小池氏は社内SNS市場の「2012年実績で16億円だった市場が、2017年には2倍以上、44億円にまで拡大する(シード・プランニング調査)」という活況を説明。同調査でトークノートはマイクロソフトのYammerやセールスフォースのChatterを抑え、シェアNo.1を獲得しており、現在も非IT企業を含め順調に導入企業を伸ばしているという。

ただ、直近で言えば、エンジニアが8割〜9割を占める企業での導入例が多い「Slack」や、大規模なIT企業での採用が進むChatwork、WowTalkなど、競争が激化している。特に、LINE系のWorks Mobileは"ほぼLINE"と言える存在で、社員への教育を行う必要性がほぼ皆無。トークノートとしても先行者としてのポジションを固めつつ、迎え撃たねばならない状況にある。

そこで「スタンプ」という存在が出てくるわけだが、2015年の春頃まで「スタンプは必要ない」と代表取締役の小池氏は考えていたという。スタンプは柔和な表現ができるため、企業のビジネス現場には向かないという判断あってのことだった。

しかし、2015年4月に社外取締役へ就任した元LINE 森川氏が、事あるごとに「(スタンプを)やったほうがいい」と力説してきたのだという。森川氏はその理由について、将来的に市場へ参入する外資系への対抗を口にする。

「この領域は、ほかの分野と同様にGoogleなどの外資系が必ず入ってくる。そうしたサービスに対抗する時、情報共有の手段としてシンプルさばかりが強調された製品が多いと思う。日本の製品でも欧米を見習って考えがちだが、今の日本の若い人たちは、コミュニケーションにもはやスタンプしか使わない、という層もいる。私たちは、今求められているものを形にすることが必要だ」(森川氏)

実際に小池氏も、そうした森川氏の説明に応じ、スタンプの提供を決断した。

「例えば仕事でミスした時、上司からメールのテキストで注意されたら『自分はダメなんじゃないか』と思ってしまう。でも、対面した時に笑いながら『気をつけて』と言われるのと同じように、笑っているようなスタンプであれば、部下も次から頑張れば大丈夫だと、しっかりと意図が伝えられるはず」(小池氏)

また今後、「トークノートが社内SNS市場で生き残るためには何をすべきか」という議題に、小池氏と森川氏は、過去のビジネスの変遷を交えて次のように語った。

「オフィス・アプリケーションが出てきてから、ビジネスが変わった。表計算とワード、パワーポイントという存在です。パワーポイントは、ワードで打つよりもすごそうだし(笑)。そうしたパラダイムシフトが再び起こったのが、世界的に広がりつつある"コミュニケーション・インタフェース"でしょう。何もかもがチャットベースになると言われ、ECや情報収集など、すでにチャットベースになっている。ビジネスでも、チャットツールだけで契約が取れたり、プレゼンテーションができたり、出張予約までできたりと、すべてを完結できたらいいんじゃないかと考えている」(森川氏)

「1995年にYahoo! JAPANが誕生してから、長らく検索ポータルの時代が続いていた。ただ、アプリベースの時代は、それだけでなく、楽天やAmazon、食べログ、じゃらんなど、専門サイト(アプリ)を利用して、自分の目的を達成することが多い。シリコンバレーの話で言えば、向こうでチャットツールを考えている人たちは、顧客に特化したものを作っていたりして、予約をすべてそこで完結できるといった作りこみをやっている。自分たちも、よりチャットに適したコミュニケーションの深化を支援していきたい」(小池氏)

(徳原大)