食パンの袋を閉じる「アレ」の名前は?

写真拡大

 身近にあるのに名前が知られていないものの代表格に「食パンの袋を閉じるアレ」がある。その名前は「バッグクロージャー」。国内ではクイック・ロック・ジャパンのみで製造され、日本中に流通するパンの袋の口を閉じている。1日1500万個、年間約30億個を作る会社を訪ねた。

 その誕生は米国「クイック・ロック」社の創立者フロイド・パクストン氏が1952年、「リンゴを詰め込んだ袋の口を簡単に閉じる方法はないか」という相談を受けたことがきっかけだった。移動中の飛行機の中でプラスチックの破片を「ああでもないこうでもない」とポケットナイフで削ったことで原型が生まれた。

 その後、製パン業界に普及。国内では日本法人が設立された1983年から流通し始めた。

 製造工程は残念ながら「企業秘密です」(営業部・鈴木敦氏)。4000個が繋がったロールごとに出荷され、出荷先で同社製の自動結束機を使って袋閉じや賞味期限などの印字を行なう。バッグクロージャーに製品のPRを貼りつけた「ラベルクロージャー」もある。

 製パン会社で使用する色が異なり、国内では青や白、緑が多い。

 その活躍はパンだけに留まらない。アメリカでは主に野菜や果物の袋を閉じるために使われる。そのためパン用より倍近く大きい物が流通している。また国内でも、神奈川県警で証拠品を入れる袋を閉じるために使用されている。

「一度食パンの袋を開封した後は捨てられがちですが、正しい使い方をすれば何度でも再使用できるんです。大切に使ってうまく生活の中で利用してもらえると嬉しいです」(同前)

 バックロージャーは取り外すとき、全体を軽く反らせて両端を支えながら外すのが正しい使い方。片方の端だけをひねって外すと、傷めてしまう。

※週刊ポスト2016年3月18日号