『殿、利息でござる!』 ©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

写真拡大

中村義洋監督の映画『殿、利息でござる!』から予告編が公開された。

【予告編を見る】

予告編では、阿部サダヲ演じる主人公・穀田屋十三郎や瑛太演じる菅原屋篤平治らが「宿場救済計画」を実現するために奔走する様子や、松田龍平演じる冷酷無比な藩の役人・萱場杢が「却下」と話すシーンに加え、十三郎が想いを寄せるとき役の竹内結子、十三郎の弟・浅野屋甚内役の妻夫木聡、百姓・千坂仲内役の千葉雄大らの姿が映し出されている。また、フィギュアスケート選手の羽生結弦が演じる仙台藩藩主・伊達重村が「重村である」と名乗るシーンも確認できる。

5月14日から全国で公開される『殿、利息でござる!』は、磯田道史による評伝集『無私の日本人』の一編『穀田屋十三郎』をもとにした作品。江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、実在の人物である十三郎ら9人の庶民が、藩に金を貸して毎年の利子を住民に配る「宿場救済計画」の実現のため、殿を相手に立ち向かう様を描く。主題歌には、RCサクセションによる坂本九のカバー“上を向いて歩こう”が起用されている。