画像

写真拡大 (全2枚)

 GMOリサーチのリサーチパネル「CPAT」は、インティメートマージャーのDMP「AudienceSearch」との連携を開始した。同連携では、アンケート回答データとオーディエンスデータを掛け合わせ、ランキングデータを作成するサービスを提供する。

 GMOリサーチの「Cloud Panel for Audience Tracking(クラウドパネルフォーオーディエンストラッキング)」(以下、 CPAT)とインティメート・マージャーが提供する「AudienceSearch(オーディエンスサーチ)」は、3月8日より連携を開始した。

 CPATは、デジタルマーケティングの効果を測定・分析できるリサーチパネル。一方、AudienceSearchは、DMPとして約4億件のオーディエンスデータを保有している。今回両サービスが連携することでCPATが収集したアンケート回答データに加え、AudienceSearchが保有するオーディエンスデータから抽出した回答者の関心の高いキーワードを、 ランキングデータ形式で提供することが可能になる。

MarkeZine編集部[著]