8日、韓国の中古書店で本の万引きを繰り返していた男らがこのほど相次いで捕まったが、その身元を調べたところ「韓国の悲しい自画像」が浮かび上がった。資料写真。

写真拡大

2016年3月8日、韓国・聯合ニュースは、韓国の中古書店で本の万引きを繰り返していた男らがこのほど相次いで捕まったが、その身元を調べたところ「韓国の悲しい自画像」が浮かび上がったと報じた。

先月14日、韓国南部・光州市の大型中古書店で1冊の本を上着の中に隠し持ち去ろうとした61歳の男が検挙された。警察のその後の調べで、男は13年8月から52回にわたって万引きを繰り返し54冊の本を盗んだことが判明したが、驚かされるのがそのラインアップ。ほとんどが人文系の専門書や英語・漢字語で記された原書で、最後に懐に入れたのは韓国の作家に関する解説書「彼らの文学と生涯」だった。男は大卒の高学歴者、若い頃は塾で漢字を教えていたが、子どもを大学に入れた後は日雇いの仕事で収入を得ていた。

昨年12月、同じ中古書店で40冊以上の本を盗んでいたとして捕まった67歳の男も、やはり大卒の高学歴者。盗んだ本の大部分が人文・文学書で、男は「読書をしたくて盗んだ」と供述した。盗品押収のため警察が訪れた男の自宅には500冊以上の本が積み上げられていた。

男らを検挙した警察は、「本を読みたければ図書館で借りるのが常識だが、彼らは高学歴なため本の所有欲があり盗んだようだ」とし、「読書を趣味にしている高齢者による同様の事件が相次いでいる」としている。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「残念だし、悲しい。老後が幸せな国を作ってほしい。これじゃ年を取るのが怖い」
「図書館に行けば確かに本はたくさんあるけど、読むべき本があまりないのも事実。ちゃんと読もうとすると、公立図書館は限界があると思う」

「高学歴の所有欲って…そんなのただの泥棒じゃないか。泥棒行為を美化するつもりか?」
「自分も60代だけど、まったく理解できないニュースだ」
「同情の余地はない。書店の立場で考えてみろ」

「その年で大学まで出ても、本すら買えない人になってしまうのか」
「心の中は泥棒なのに、本を読んで何になる?」
「本が高過ぎる」

「これだけ図書館が多い時代、本は売り払うために盗んだに違いない。彼らは常習犯だから言い訳もちゃんと考えてあったんだ」
「頭に何かを詰め込むよりも、頭の中のものを見直して一つずつ捨てるものを考える年齢だと思うけど」(翻訳・編集/吉金)