画像

写真拡大 (全2枚)

 Zaimは3月8日、ソリマチ技研と共同で、家計簿サービス「Zaim」とPOSデータの自動連携によるクーポン配信機能の試用版を実装した。

 Zaimとソリマチ技研は、家計簿サービス「Zaim」とPOSアプリケーションシステム「UNITE­R2 POSi」においてPOSデータの自動連携によるクーポン配信機能の試用版を実装した。

  同機能はスーパーなどのポイントカードがアプリとして管理されるシチュエーションを想定したもの。利用者は店頭で支払い時にポイントカードのバーコードを提示すると、あらかじめ紐付けがされた家計簿サービス「Zaim」のアカウントと連携し、POSからZaimへ購買データを即時反映。正確でスピーディーな自動記録が可能となる。

 このシステムを応用することで、特定の商品を購入した利用者や、購買頻度の多い層に限定してクーポンなどのロイヤリティを配信できるようになる。

MarkeZine編集部[著]