ジュネーブモーターショーでデビューした「Q3 RS performance」、そしてこの「SQ7 TDI」を見ると、アウディSUV(Qシリーズ)のハイパフォーマンス化が目を惹きます。

Q7初のSモデルである「SQ7 TDI」は、先行発売されているSQ5がマーケットで好評を得ていることからQ7にも追加されたとのことで、エンジンは4.0LのV8 TDI(ディーゼルターボ)を搭載。

ゼロから開発を見直したという4.0 TDIエンジンは、クラスナンバーワンの出力性能と低燃費を両立し、最高水準の運動性能を獲得しているそうです。

トピックスは、排気により駆動される2つのターボチャージャー(シーケンシャル過給)が運転状況に応じて作動する仕組みになっている点。

低・中負荷領域では、片方のターボチャージャーに排ガスが送られ、もうひとつのターボチャージャーは、高負荷領域においてのみ、追加される形で作動します。電動式コンプレッサー(EPC)は、とくにエンジン低回転域において2つのターボチャージャーの働きを補足することにより、レスポンスのよい加速性能を実現。

最高出力は435ps、最大トルクは900Nm/1000〜3250rpmと、圧倒的といえる分厚いトルクで0-100km/hを4.8秒で加速し、最高速度は250km/h(電子リミッター作動)に到達しています。

新欧州ドライビングサイクル(NEDC)における、100km/h走行あたりの燃料消費量は7.4Lで、CO2排出量に換算すると194g/kmに相当します。

技術的な注目点は、電動式コンプレッサー(EPC)で、市販の乗用車では世界初の採用とのこと。EPCは発進および低負荷状態からの加速時に4.0 TDIエンジンを力強くサポートして、ターボラグのないレスポンスと吹き上がりを実現しているそうで、エア通路のなかで、インタークーラー下流のエンジンに近い位置に設置されています。

排ガスエネルギーを必要とせずに過給圧を発生できることから、どのような運転状況下でも利用することが可能で、排ガスを利用した従来型ターボチャージャーの弱点を克服。

Audi SQ7 TDI

最近のターボエンジンは、ラグを感じさせないものが多いですが、この新しいTDIエンジンにおいて、ターボラグは過去のものと自信を見せています。

EPCによりわずか0.25秒で、大トルクを発生するための過給エネルギーが提供され、小型の電気モーターによって駆動されるこのコンプレッサーは、最大70,000rpmの高速回転が可能で、ターボラグを解消。

ボディ側では「エレクトロメカニカル アクティブボディロールスタビライゼーション」の採用がトピックスで、3ステージのプラネタリーギアボックスを備えた小型電気モーターにより、スタビライザーが2分割されていて、不整地を走行すると、スタビライザーがアクティブに切り離され、乗り心地が改善されるというもの。

その一方で、スポーティに走らせる場合には、中空のスタビライザーが内部で連結され、捻じれに対する反発力を発揮するようになって、ロールを減らすことができます。

見どころ満載の「SQ7 TDI」ですが、2016年春から開始され、ドイツでのベース価格は89,900ユーロとアナウンスされています。

Audi SQ7 TDIAudi SQ7 TDIAudi SQ7 TDIAudi SQ7 TDIAudi SQ7 TDIAudi SQ7 TDI

(塚田勝弘)

ターボラグをほぼ解消したアウディ「SQ7 TDI」の世界初採用装とは?(http://clicccar.com/2016/03/09/358608/)