ジュネーブモーターショーでデビューしたアストンマーティンDB11は、「第2世紀」計画を掲げるアストンマーティンの第1作に位置づける意欲作。

2003年に発表されたDB9を受け継ぐDB11は、DB2/4、DB5、そしてジェームズ・ボンドのために特別に開発されたDB10と続いてきた伝統の系譜を受け継ぐ最新モデルです。歴代DBのフォルムと機能を継承しながらも、数多くの新鮮なデザイン要素が採用されています。

フロントヒンジのクラムシェル・ボンネットをはじめ、印象的なLEDヘッドライト、アストンマーティンらしいフロントグリルとそのアクセントラインなど、アイコン的なデザイン言語を大胆に進化。

db11_01

革新的と表現するエアロダイナミクスは、ボディ表面だけでなく、ボディ下面を流れるエアフローまでマネージメントを行い、走行時の安定性を向上させているのがポイント。

フロントにマウントされるエンジンは、アストンマーティンが自社設計した新開発の5.2L V12ツインターボで、最高出力は608ps、最大トルクは700Nmに到達。

db11_04

0〜100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は322km/hに達し、ダイナミクスと加速の点でも「DB」モデル史上最速となっています。これらの数値は、4.7LのV8エンジンを搭載し、最高速305km/hに達したというジェームズ・ボンドのために作られたDB10を超えています。

強力な動力性能に対応すべく、シャーシ、サスペンション、ステアリング、エレクトロニクスが見直され、新たな技術も搭載されています。

任意に設定できる「ダイナミッ ク・モード(GT、スポーツ、スポーツ・プラス)」は、エンジンやZF製8速オートマチック・トランスミッション、新しい電動パワーステアリング、制動によって作動するトルク・ベクタリングのレスポンスを斬新的に変更。ほかにもアダプティブ・ダンピング・システムの減衰力を調整機能も用意。

db11_02

アストンマーティンDB11の価格は、154,900ポンド(英国/5年間のサービスプラン含む)、204,900ユーロ(ドイツ/5年間のサービスプラン含む)、211,995ドル(米国/5年間のサービスプランを含まない)とアナウンスされていて、納車開始は2016年第4四半期の予定とされています。日本での発売時期や価格は未定です。

(塚田勝弘)

ジェームズ・ボンドが乗ったDB10よりも速い!? アストンマーティンDB11が世界デビュー(http://clicccar.com/2016/03/08/358346/)