7日、中国では海外の富豪との結婚を実現させようとする女性が増えているが、そうした中、ある結婚紹介企業が四川省成都市で富豪との結婚選考会を行い、280人もの女性が集まった。

写真拡大

2016年3月7日、香港紙・東方日報によると、近年中国では海外の富豪との結婚を実現させようとする女性が増えているが、そうした中、ある結婚紹介企業が四川省成都市で富豪との結婚選考会を行い、280人もの女性が集まった。

【その他の写真】

大卒以上の22〜35歳未婚女性を対象に行われたこの選考会では、スリーサイズや容姿などが重視されたほか、携帯電話を使ったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のやりとりの提示が求められた。

メッセージのやりとりから、マイナスイメージの強い人や冨をひけらかすような人、お金に目がくらんでいるような人は落選となり、厳正な面接と最終選考の結果、残ったのは12人。今後、他の都市でも同様の選考会を開く予定で、ファイナリスト50人に資産5000万元(約8億5000万円)以上の富豪との見合いがセットされるドバイ旅行が無料で提供されることになっている。

しかし、この選考会は賛否両論で、「まるでお妃(きさき)選びのようだ」「売春グループのように感じる」との見方も。また、「女は容姿で食っていける」「金持ちは好き勝手し放題だ」と強い反感を示す人もいる。(翻訳・編集/岡田)