画像

写真拡大

 博報堂は、生活者発想に基づき企業の事業戦略をUX(ユーザーエクスペリエンス)視点でリードし、デジタル体験やサービスをデザインするプロジェクト「HUX(HAKUHODO UX & Service Design)」の活動を開始する。

 博報堂が新プロジェクト「HUX(HAKUHODO UX & Service Design)」の活動を開始する。これは、生活者にとって真に意味のある体験価値を生活者発想とデザイン思考に基づいて、戦略立案からデジタル体験・サービスのデザイン、マーケティングコミュニケーションの実施までワンストップで提供するもの。

 昨今、企業の事業活動において、デジタル&テクノロジーの活用は不可欠だ。また、UXが単なるデジタル製品のインターフェイスにとどまらず、事業の根幹に関わるものとして定義されることが増えてきている。モノやサービスがつながることがますます一般化する中で、生活者にとって真に意味のある体験価値のデザインの必要性が高まっているといえる。

  このような状況を踏まえ、博報堂社内のクリエイティブ、ストラテジー、リサーチ、デジタル領域の専⾨家による領域横断型のプロジェクトとして、今回の活動を開始するに至った。

MarkeZine編集部[著]