ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトは8日、クラウドロボティクス分野における協業を発表した。

 人型ロボット「Pepper」とマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した次世代のクラウド対応ロボットを実現したり、小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築したりする。クラウド対応ロボットが顧客のニーズに応じた接客ができるようになることを目指し、2016年の秋をめどに提供開始予定。

 このソリューションにより、販売店はPepperをあらかじめ接客スキルを備えた接客要員として配置することが可能になる。今後、マイクロソフトの多言語対応の導入により外国語での接客も可能になる予定という。