オカモトのホームページ

写真拡大

 日中メーカー間で起きた異例の訴訟に決着がつき、中国メディアが大騒ぎだ。ネットメディア「環球網」はこんな見出しの記事を掲載した。〈コンドーム大戦 メイドインチャイナが日本に完全勝利 より薄く使いやすいため〉(2月26日付)──。

 中国・広東省の広州市越秀区裁判所は、コンドームメーカー・広州大明連合ゴム製品の訴えを認め、日本のコンドーム製造大手・オカモトに「世界最薄のコンドーム」という広告表記の即時停止と広告表記のある商品の販売停止に加え、賠償金1元(約17円)の支払いを命じた。賠償額がたった17円とは何とも人を食ったような裁判だが、事の発端は2012年に遡る。

 オカモトは2003年に発売した製品「ゼロゼロスリー」が2012年に「薄さ0.038ミリでラテックス(ゴム)製コンドームとして最も薄い」とギネス記録に認定されたのを契機に、中国国内の店頭で記念キャンペーンを実施した。

 しかし、2013年12月に大明連合の製品「アオニー」が薄さ0.036ミリでギネス記録を更新。オカモトはキャンペーンを終了したが、ギネス記録を表示した商品の回収が追いつかず、2014年9月に大明連合が提訴するに至った。

 しかし、この提訴には首を傾げる人が少なくなかった。中国在住のジャーナリストが語る。

「提訴の報道が出てすぐに成人用品店を回ったが、どの店もアオニーを扱っておらず、店主らも『そんな商品聞いたことがない』と口を揃えていた。中国人に聞いても誰も知らなかった」

 中国でのコンドームの流通に詳しいメーカー関係者は大明連合の“狙い”をこう推測する。

「中国にはコンドームメーカーが多数あるが、その中でも同社は無名の企業。1元という賠償請求額を考えても、売名裁判であることは明らかだ。そもそも、ギネス記録が認定したのは薄さだけであって、安全性をチェックする耐久テストは含まれていない。ただ薄いだけの商品ならどんなメーカーでも簡単に作れてしまうのです」

 こんな見立てに大明連合はどう“反論”するか。広報担当者に話を聞いた。

──判決をどう受け止めたか?
「裁判結果は公正かつ公平だと信じています」

──アオニーは本当に販売しているのか? 販売している店を見つけられなかった。
「多くの場所で売っていますよ。中国全土で売っているはずです」

──年間の販売量は?
「教えられません」

──なぜ賠償請求額が1元だけなのか?
「私たちはギネス記録保持者として、消費者に真実を知ってほしかったのです。賠償額は重視していません。1元に設定することでより速やかに人々に事実を知ってもらえると思いました。消費者に事実を伝えることが訴訟の一番の目的です」

 1元にしたほうが話題になる──そんな目論見で提訴することを日本では「売名行為」と呼ぶのだが……。オカモトは控訴しない方針だという。

「すでに店頭での『ギネス認定』の表示は撤去しています。今回の判決が弊社の事業に大きな影響を与えるとは考えておりません」(経営管理室)

 オカモトは訪日観光客のコンドーム爆買いの影響で今期の連結純利益が前期比74%増の50億円を見込む。賠償額はその0.000003%。コンドームの厚さにも及ばなかった。

※週刊ポスト2016年3月18日号