茂木健一郎氏

写真拡大

8日、脳科学者の茂木健一郎氏が自身のブログで、広島県の中学3年生が自殺した事件に関して、学校への批判を展開した。

この自殺した生徒は、学校側から自殺前の進路指導の際、過去に万引きしたとする誤った記録で、「志望校への推薦は出せない」と伝えられていたという。

茂木氏は「この学校、クズだ(怒)『1年生時に万引き』誤記録で指導 広島の中3自殺」というタイトルで、この事件に言及した。茂木氏は、万引きの誤記録自体を問題外としたが、それ以上に許せないことを「だから推薦できない、って何なんだよ」と指摘する。

続けて「学校は、検察か? 単なる、形式主義の役人か?」と学校の姿勢を批判し、推薦するかしないかは、総合的に判断すべきことだと持論を展開したのだ。

そして、茂木氏は「マジ、腹立つわ。恥ずかしくないのか、教育者として!(怒)」と綴り、最後まで学校の対応に怒りをぶちまけている。

【関連情報】
茂木健一郎 公式ブログ - この学校、クズだ(怒)「1年生時に万引き」誤記録で進路指導 広島の中3自殺 -

【関連記事】
茂木健一郎氏がジョギングしながら「強行採決なんて関係ねえ 」と訴える
茂木健一郎氏が鳩山由紀夫元首相の韓国での謝罪を称賛「名誉ある行為」
茂木健一郎氏が肥満の原因になるという「デブ菌」の実態を理化学研究所に取材