7日、毎年映画祭が行われるフランス・カンヌの高級ホテルに、中国の女優ファン・ビンビンの名前を冠したスイートルームが誕生した。アジアの女性スターの名前を付けたものはこれが初めてとなる。

写真拡大

2016年3月7日、毎年映画祭が行われるフランス・カンヌの高級ホテルに、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)の名前を冠したスイートルームが誕生した。アジアの女性スターの名前を付けたものはこれが初めてとなる。新浪が伝えた。

【その他の写真】

今年5月に第69回カンヌ国際映画祭が開催されるのを前に、現地のメーンストリート・クロワゼット大通り沿いにある老舗高級ホテルに、ファン・ビンビンスイートが誕生した。同ホテルではこれまで、第七芸術(映画)および映画人に敬意を表する意味で、さまざまなスターの名前を冠したスイートルームを設けてきた。女優のソフィー・マルソー、グレース・ケリー、シャロン・ストーン、俳優のマイケル・ダグラス、ショーン・ペン、ニコラス・ケイジ、さらに映画監督ではアルフレッド・ヒッチコック、デヴィッド・リンチなどといった顔ぶれだ。

同ホテルの公式サイトでは、「Suite FAN Bingbing」と書かれたスイートルームの入り口や、ファン・ビンビンの写真を飾った室内の一部が公開されている。

すでにカンヌ映画祭の常連となっているファン・ビンビンは、会場で見せる個性のあるドレス姿も毎年話題に。高級陶磁器の青磁風、鶴の化身風、花の女神風など、中国らしいテイストを取り入れたものばかりで、レッドカーペットを華やかに盛り上げている。(翻訳・編集/Mathilda)