栃木の小1女児殺害公判 遺体解剖医が被告の自白との矛盾を指摘

ざっくり言うと

  • 栃木県旧今市市の小1女児を殺害した罪に問われている被告の裁判
  • 8日、弁護側の証人として出廷した解剖医は被告の自白との矛盾を指摘した
  • 弁護側は、自白は強要されたと主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング