7日、ロシア外務省は米国と韓国が開始した合同軍事演習は北朝鮮に圧力をかけるとして、反対であると述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月7日、ロイター通信によると、ロシア外務省は同日、米国と韓国が開始した合同軍事演習は北朝鮮に圧力をかけるとして、反対であると述べた。

米国と韓国は7日、合同軍事演習を開始した。北朝鮮はこれに強く反発し、核による総攻撃を仕掛けると警告した。ロシア外務省は同日、ウェブサイトで声明を発表し、米韓による合同軍事演習は北朝鮮に圧力をかけるものだと述べ、反対すると述べた。また、米韓に対する北朝鮮の反応も受け入れられるものではないと批判した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ロシアがそんなことを言ったのか?では何かいい案があるのか?」

「ロシアよ、悪いが、北朝鮮は米国に核戦争を仕掛けると直接的に脅しているんだよ」

「無駄話だ」

「ご意見ありがとう、ロシア。もう下がっていいよ」

「ロシアがどう思っているかなんて、誰が気にするんだよ?」

「ロシアがクリミアに侵攻する前と同じような状況だね」

「少なくとも、私たちはロシアのように侵攻したり併合したりしようとしているのではない」(翻訳・編集/蘆田)