7日、韓国の仁川南部警察署は、携帯電話販売店の壁にくぎ抜きハンマーで穴を開けて侵入し、携帯電話6000万ウォン(約560万円)相当を盗んだ20代の男を逮捕した。

写真拡大

2016年3月7日、韓国の仁川南部警察署は、携帯電話販売店の壁にくぎ抜きハンマーで穴を開けて侵入し、携帯電話6000万ウォン(約560万円)相当を盗んだ20代の男を逮捕した。

28歳のシン容疑者は今年初めから約2カ月間にわたり、仁川市朱安洞や金浦市陽村邑の携帯電話販売店5カ所の壁に穴を開けて侵入し、携帯電話60台を盗んだ疑いが持たれている。同容疑者は犯行前、機械警備システムが設置されているかどうかを確認するため、店の壁に直径2センチほどの穴を開けた。1時間経っても警備員が現れないことを確認すると、さらに穴を広げ、中に侵入したという。(翻訳・編集/堂本)