楽しい夜を過ごしたいもの(写真はイメージです)

写真拡大

「ああっ、ごめん!」。また早撃ちガンマンぶりを発揮してしまったアナタ。そう落ち込まないで。早漏はED(勃起障害)と並ぶオトコの2大悩みの1つだが、薬を使わなくても医学的な行動療法で改善されることがわかってきた。

自分一人で、あるいはパートナーの協力を得て練習できる効果的な3つのトレーニング方法を紹介しよう。

我慢できない事と1分以内が「早撃ち」の定義

射精までに何分くらいまでを医学的に「早漏」と定義するかは、相手の満足度の問題があるので諸説まちまちだった。現在は米国泌尿器科学会が2008年に発表した次の3項目すべてに該当する人を「早漏」とする考えが一般的だ。

(1)膣に挿入する前、あるいは挿入して1分以内に射精してしまう。
(2)膣に挿入後、自分の意志で射精を遅らせることができない。
(3)十分な挿入により相手を満足させることができないため、セックスが苦痛、フラストレーションに感じる。

そうでなくても、様々な調査から自分が「早漏」だと感じている人は、世界の成人男性(18〜65歳)の約3割いるといわれるほど悩み多き病なのだ。

専門医のサイトをみると、早漏の治療には(1)行動療法(トレーニング)(2)カウンセリング(3)薬物療法の3つがある。薬は亀頭部分を麻痺させる塗り薬や抗うつ剤などを使うが、副作用の心配があるので医師による処方が必要だ。

2015年9月、英シェフィールド大学のチームが国際性医学誌「セクシャル・メディスン」に、行動療法のトレーニングが薬と同程度かそれ以上の効果があるという研究を発表した。合計521人のトレーニング実績を分析した。それによると、様々なトレーニングのうち「スクイーズ法」「ストップ・スタート法」「感覚集中法(センセート・フォーカス法)」の3つに明確な効果が認められたという。射精までの時間が、それまでより平均で7〜9分も長くなった。これは薬だけの治療より平均で30秒〜1分上回ったことになる。

こみ上げてきたらストップ!を5セットずつ練習

では、それぞれどんな方法なのか。1つずつ紹介しよう。

(1)スクイーズ法:射精しそうになったら、亀頭上部のいわゆる「カリ」から1センチほど付け根側の部分を指でギュッと握り、射精を止める方法だ。何度も射精を止める練習を繰り返すうちに、射精のタイミングをコントロールできるようになる。1人で練習する場合は、ゆっくりマスターベーションを行ない、射精しそうになったら指で圧迫して止める。20〜30秒間我慢して収まったらもう一度始める。これを1回5セットほど行なう。この方法の難点は、射精を何度も止めるので欲求不満がたまること。練習の最後は放出するといい。

パートナーと練習する場合は、最初は手でしてもらうか、女性上位で行うとよい。慣れてきて射精がコントロールしやすくなると、男性上位に変えていく。射精しそうになったら行為を中断、女性にペニスを絞るように握ってもらい、20〜30秒間我慢する。3〜4か月で効果が表れ、研究によっては約70%の人が改善するという。

(2)スタート・ストップ法:方法はいたって簡単だ。マスターベーションをする時に射精感が高まってきたら、手の動きを止めるだけ。気持ちが収まったら再開し、また射精感がこみあげてきたら手を止める。これを数回繰り返し、射精を我慢する感覚を覚える。1人で行なうことが多いので、快感に感情が流され最初は射精を止めるのが難しい。コツは、ゆっくり手を動かすことと、射精の「1歩手前」ではなく「3歩手前」で止めること。慣れてくると、持続時間が伸びていく。これも1回5セットが基本だ。

この方法を練習している人のサイトを見ると――。

「私の場合、オカズは動画ではなく画像なので我慢しやすく、最高20分持ったことも! その時は『俺ってすげえ〜』と誇らしくなりました」

パートナーと練習する時は、女性が上になり、動いてもらう。高まってきたら動きを止めてもらい、気持ちが収まるまでその姿勢をキープ。4〜5セット行ったら射精するが、最後の射精時は自分が動くのが望ましい。でないと射精できなくなる「射精障害」の心配があるからだ。この方法も効果が出るまで数か月かかる。

パートナーと行なう愛撫に意識を集中する

(3)感覚集中法:名前を聞いだだけで、「アレだろう? 行為の最中、九九の計算とか他のことに意識を集中して気をそらすヤツ」と勘違いする人が多いが、まったく違う一種の心理セラピーだ。「スクイーズ法」などが敏感すぎるペニスのトレーニングなのに対し、感覚集中法はナイーブすぎる「オトコ心」のトレーニングなのだ。

セックスや女性に対する恐怖感やトラウマから早漏になるケースは多い。そこで、セックスが楽しいものという意識を芽生えさせる。だから、ED(勃起障害)の治療にも使われており、パートナーと2人で行なう。方法はこうだ。

A:(第1段階=体へのタッチング)パートナーと寄り添い、互いの肩や腰、手など体のあちこちを触り合い、触った相手の場所と自分が触られた時の感覚に意識を集中する。最初は服を着たままで、慣れてきたら服を脱いで。相手への無用な気遣いはやめ、ひたすらタッチング(愛撫)の楽しさを味わう。ただし、まだ乳房や性器には触れない。
B:(第2段階=性器へのタッチング)性器や乳房も含めて体中を触り合う。性的な会話も交わし、タッチングに意識を集中する。
C:(第3段階=セックスへ移行)互いに心地よくなるにつれ、女性上位でセックスへ移行する。オルガスムを得ることより、挿入自体を楽しむことに意識を集中する。手や口も使う。
D:(第4段階=オルガスム)女性上位でオルガスムに達するまで挿入を続ける。慣れてきたら男性上位で行なう。

実は、最後の「感覚集中法」の効果が一番高いといわれ、ある専門医はこうアドバイスしている。

「タッチングが感覚集中法の基本です。男女が全裸になって行ないますが、なるべく性的ムードにならないようにするのがポイント。早く射精してしまいますので。神経を集中し触られた時の感覚を覚えておき、お互いにどうすれば気持ちがいいか、何をしてほしいか相手に伝えます。タッチングはマッサージやアロマセラピーに通じると思えばわかりやすいで。人の手って心が落ち着きますからね」

心が落ち着けばセックスが楽しくなり、アナタのガンさばきも見事に変身するというものだ。