8日、2020年に開催される東京五輪にまたしても問題が発覚し、中国のネットユーザーもあきれたようなコメントを寄せている。写真は五輪のポスター。

写真拡大

2016年3月8日、2020年に開催される東京五輪にまたしても問題が発覚し、中国のネットユーザーもあきれたようなコメントを寄せている。

新国立競技場の建設費の問題が世間の注目を集めたが、先日、新しく決まったA案に聖火台の設置場所が想定されていなかったという信じられない事態が発覚し、再び物議を醸している。

事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は、「聖火台の設置場所は開会式の計画が決まってから検討する」としているが、国際オリンピック委員会(IOC)は「聖火はすべての観客から見える位置に設置すること」と定めている。A案では屋根等に木材が大量に使用されるため、消防法などの観点から設置場所を決めるのはそう簡単な話ではない。

東京都の舛添要一知事は「JSCが考えていると思っていた」と発言したが、JSCは「聖火台は大会組織委員会が検討する問題」との考え。大会組織委員会の森喜朗会長は、「一番悪いのは馳浩(文科相)だ。文部科学省だ」と批判するなど、またしても責任問題で揺れている。

こうした現状に、中国のネットユーザーからは「この程度のレベルで五輪を開催するって?(笑)」「競技場の屋根に点火しちゃえば?きっと壮観だよ。世界一間違いなし」「なんか、メディアで伝えられているような日本人の仕事(勤勉、誠実など)とだいぶ違うな」「日本人は他人に迷惑をかけない民族だから、自分で自分に迷惑をかけてるんだよ」など、耳が痛くなるようなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)