写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SUSEは3月3日(ドイツ時間)、IaaS(Infrastructure-as-a-Service)を構築するためのエンタープライズ向け製品の最新版となる「SUSE OpenStack Cloud 6」の提供開始を発表した。

OpenStackの「Liberty」リリースをベースに開発されたSUSE OpenStack Cloud 6は、高可用性の拡張機能、今後のOpenStackリリースでの無停止アップグレード、さらにIBM z SystemsとDockerのメインフレームサポートを実現しており、アプリケーションとデータのクラウドへの移行を容易にするという。

ハイパーバイザーは既存のXen、KVM、Hyper-V、VMwareに加え、新たにIBM z/VMをサポート。最新版は、市場で最も広範なハイパーバイザのサポートを実現し、顧客は自社のメインフレーム・プラットフォームをOpenStackプライベートクラウドに組み込むことを可能としている。

また、オープンソースの共有ファイルシステムサービス、Manilaのパフォーマンス、スケーラビリティ、管理機能をダイレクトに利用でき、OpenStack Manilaをフルサポート。さらに、SUSE Linux Enterprise Server 12 Support Pack 1をサポートし、エンタープライズ・ワークロード向けのプラットフォーム上で、自社のOpenStackクラウドを構築できるという。

なお、SUSEではOpenStackプライベートクラウドの展開・運用についての、新しいOpenStackトレーニング・認定制度を開始する。

(岩井 健太)