4時間54分の激闘の末、アンディ・マリーに敗れた錦織圭が会見場に現れたとき、その顔は紅潮し、双眸(そうぼう)は潤んでいた。虚脱感を伴う、悔しさを抑えきれない表情は日本チームの敗戦を象徴しているようにも見えた。

 男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(以下WG)1回戦で、日本(ITF国別ランキング14位、以下同)は、2015年の優勝国であるイギリス(1位)に、1勝3敗(第5試合は開催されず)で敗れ、2014年以来のベスト8進出はならなかった。

 大会2日目のダブルスで、予想通りイギリスはメンバー変更を行ない、アンディ・マリーを投入。兄のジェイミー・マリーと組んで必勝態勢で臨んだ。その結果、マリー兄弟は西岡良仁/内山靖崇組に、一度もサービスブレークを許さないストレートの完勝。イギリスは2勝目となり、王手をかけた。

 大会最終日、日本は1敗もできない状況で、錦織(ATPランキング6位、大会時、以下同)はマリー(2位)とのエース対決を迎えた。

 最初の2セットは「数ゲーム、悪いゲームがあって、そこの集中力の持続の差」と錦織が語ったように僅差だった。第1セットは61分、第2セットは79分を要して、マリーが連取。マリーがセットを取るのに1時間以上要したのは、ノバク・ジョコビッチ(1位)やラファエル・ナダル(5位)との対戦ぐらいで、それだけ錦織がハイクオリティなテニスを披露していた証拠ともいえた。

 お互い世界屈指のストローカーであり、ショットメイカーである。コースの打ち分けによる左右の動きに加え、ドロップショットやネットプレーによる前後の揺さぶりも交ぜながら、突破口を見出そうとした。

「攻めすぎても、マリーはディフェンスがしっかりしているので、自分にミスが出ます。いろんなボールを混ぜながらプレーできた」という錦織は第3、第4セットで、マリーの集中力が少し落ちたところをうまくついて2セットを奪い返した。さらにファイナルセットの第1ゲームで、先にブレークして試合の主導権を握ったかに見えた。

 だが、第2ゲームで、すべて錦織のミスによってラブゲームでブレークバックを許すと、崩れそうだったマリーが息を吹き返し、再び集中力を増していった。マリーは錦織の甘いセカンドサーブに対して、ベースラインの内側にステップインして攻撃的なリターンを打ち、リターンダッシュを繰り返した。

「5セット目、出だしはよかったですけど、マリーのしぶといプレーだったり、リターンからの攻めに耐えきれなくてミスが出てしまった。また、そこでレベルを上げられるのがマリーの強みかなと思います。(自分には)まだまだ爆発力が足りない」

 マリーにしてはリターンミスが多かったものの、錦織はプレッシャーを感じ、徐々に追い詰められていった。結局、4時間54分の激闘の末、錦織は敗れた(5−7、6−7、6−3、6−4、3−6)。

「とても遅いコートで、明らかにタフなコンディションだった。圭はグランドストロークがよく、優れたリターナーなので、自分のサーブではほとんどフリーポイントがなかった。タフだったけど、何とか切り抜けた」

 このように試合を振り返ったマリーに対して、錦織は敗れたものの、最後まで高いレベルのテニスを維持できたし、フィジカルの問題もなかったことは好材料で、今後のツアーやビッグ4との対決に、この経験は間違いなく活かされるだろう。

 ただ、日本チームとしてはあらためて、この敗戦でWGで勝つための課題が突きつけられた。WGの試合で勝利を挙げられるのが錦織だけというのは、やはり厳しい。

「錦織が中心選手としてチームを引っ張るというのは、ある意味当然なのですが、彼の負担をいかに軽くするか、すなわちナンバー2、ナンバー3の選手の層を厚くしなければならない」

 デビスカップ日本代表の植田実監督は「錦織頼み」になっているチームの改善が急務だと認識している。

「自分がトップ10の選手として、2回勝つのが必然というか、任務だと思っているので、その意志をなるべく持ち続けていく」

 錦織は自分の役目をそう語ったうえで、他の日本代表メンバーのレベルアップを望んだ。

「ダブルスがもっともっと強くなれば、チームは強くなりますけど、僕が他の人の将来を決めることはできない。今、シングルスが強い選手が4人そろっているので、シングルスで勝っていけるように、2番手、3番手が強くなってくれるとうれしいです」

 アンディ・マリーの兄であるジェイミーのようにダブルスのスペシャリストとして、ツアーで活躍する日本選手がいない現状では、日本チームが採る選択肢は限られる。植田監督はダブルスの強化も考えながら、現在採るべき方策を次のように語る。

「今のところ、4つのシングルス戦のうち3つ取ることを勝ちパターンとして、しっかり確立させないといけないと思っています。錦織とアンディ(・マリー)のレベルと、(他の日本選手とに)まだ大きな開きがあるのは事実ですので、その差を縮めていきたい。またトップ10プレーヤーとやったとき、プレッシャーをかけられるように、3日目のエース対決に大きく影響を与えられるところまでいかないといけない」

 日本代表最年少、20歳の西岡(124位)は若武者らしい上昇志向で、錦織の存在や日本チームの将来を語った。

「今の日本チームは錦織選手という存在が大きいのは事実。エース(錦織)があれだけ強いので頼っている部分はありますし、引っ張ってもらっている部分もある。経験も実力もトップの人が、チームにひとりいることがとても大事なことだと思います。(錦織選手がいる間に)みんながもっとレベルアップして、他のチームの2番手のようになれば、勝てる可能性がもっと上がり、もっと日本チームは上に行けるはず。これからなんじゃないかと思います」

 日本は9月にWG残留をかけてプレーオフ(入れ替え戦)を戦う。WGに留(とど)まるには、錦織の力が不可欠だろう。他の日本選手が錦織レベルまで、急に成長するのはもちろん簡単なことではないが、幸い日本代表は若く、伸びしろがある。デビスカップ日本代表全体の底上げに期待したい。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi