「VRと合体」したジェットコースター:スパイダーマンも登場(動画あり)

写真拡大

「シックス・フラッグス」は、北米に9つある同社のテーマパークにおいて、観客がVR対応ヘッドギアを装着するジェットコースターをオープンした。現実世界のスリル溢れるライドの動きと仮想世界が同期する。

ジェットコースターに乗ることは確かに楽しい。だが、周りを見回したときに目に入るものが、レールや周囲の乗客の頭、遊園地の広大な駐車場や空の風景というだけでは、ちょっと退屈でもある。そこで、米国のテーマパーク「シックス・フラッグス」は、韓国のサムスンと手を組んでこの問題の解決に乗り出した。

「「VRと合体」したジェットコースター:スパイダーマンも登場(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

北米に9つあるテーマパークのジェットコースターで、ヴァーチャルリアリティー(VR)対応ヘッドギアを統合して、現実世界のスリル溢れるライドの動きと仮想世界を同期させるというのだ。

ジェットコースターの下降や旋回、ループといった動きと、プランに沿って事前につくられたVR体験のタイミングを正確に合わせることで、乗客の体は、ヘッドセットのスクリーンに映し出される360度の仮想世界と同じ動きを、実際に感じることができる。

北米にある6つのシックス・フラッグスでは、「New Revolution Virtual Reality Coasters」がお目見えする。これは、ジェット戦闘機のパイロットになって街の上空を飛び回り、侵略してきたエイリアンをやっつけるという内容だ。ほかの3カ所には、スーパーマンとともに世界を回り、重力銃を振り回す敵と戦う「Superman Virtual Reality Coasters」が導入される。

なお、VRとアトラクション施設を結びつけようとするのはシックス・フラッグスだけではない。シアトルにある「VRcade」も、仮想環境に対応する無線式ヘッドセットと実際の障害物を使って、アリーナサイズのヴァーチャルな遊び空間をつくろうとしている(以下の動画)。

関連記事:世界初、VRジェットコースターがオープン(ティザー動画)

TAG

Amusement ParkArs Technica USRoller CoasterVideoVR