「CRF1000L Africa Twin」発売後1週間で年間販売計画台数1000台を超え受注

写真拡大

 2月22日に発売したアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のホンダ二輪車正規取扱店からの受注状況は、発売後の約1週間で年間販売計画台数1,000台を上回る1,032台(2月27日時点)となっている。

【ギャラリー】HONDA CRF1000L Africa Twin (119枚)


 CRF1000L Africa Twinは、「日常のコミューティングから広大な夢の大地を走破できる、真の本格アドベンチャーモデル」をコンセプトに開発。力強く端正なスタイリング、新開発の直列2気筒998ccエンジンによる小気味よい鼓動感と優れたトラクション性能、定評のあるホンダ独自の先進技術「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」をタイプ設定し、オンロードからオフロードまでライダーの感性により忠実に反応するようコントロール性能を向上させた。

また、高剛性でありながら適度なしなやかさを併せ持つ「セミダブルクレードルフレーム」の採用により、さまざまな状況下において高次元でバランスの取れた軽快性と快適性を持つなど、次世代アドベンチャーモデルとしてふさわしい装備や先進技術を搭載したモデルとしている。

タイプ別の構成比は、マニュアルトランスミッションタイプ56%、DCTタイプ44%。

【Autoblog 「CRF1000L Africa Twin」試乗記】
際立つオフロードでの走破性!CRF1000L Africa Twin:青木タカオ

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp​