写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月7日(現地時間)、MicrosoftはOffice Onlineの共同作業からSkypeの利用を可能にしたと公式ブログで発表した。同社は文章から離れずにファイルの同期や友人とのリアルタイムコミュニケーションを可能にすると、本機能について説明している。筆者が確認したところ、日本環境でも動作を確認した。

本機能はOneDrive上のドキュメントを、友人や同僚と共有するとアプリケーション右側に現れる青いチャットボタンから、Skypeチャットウィンドウを使って共同編集者を相手に、テキストチャットや音声チャットなどを実行するというもの。

Microsoft Officeコアチーム プログラムマネージャーのNikhil Nathwani氏によれば、多くのフィードバックを集めて実装した機能だという。なお、筆者が確認したところ、Skype for WebはP2Pネットワークによるファイルの受信は未サポートだった。

また、Skypeが用意した絵文字なども使用可能。これらの機能はOneDrive上のドキュメントを対象にしており、SharePointおよびOneDrive for Businessへの対応は近日中に行われる。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)