8日、国連の新しい対北朝鮮制裁の対象になった北朝鮮の船舶31隻のうちの4隻が最近、中国とロシアの港に入ろうとしたところ、入港を拒否されていたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月8日、韓国・YTNによると、国連安全保障理事会の新しい対北朝鮮制裁の対象になった北朝鮮の船舶31隻のうちの4隻が最近、中国とロシアの港に入ろうとしたところ、入港を拒否されていたことが分かった。

YTNが船舶追跡サイトを確認した結果、北朝鮮の一般貨物船「フェリョン号」が4日夜(現地時間)、中国山東省の港に接近したが、再び付近の海域に出ていたことが分かった。さらに、その翌日にはバルク船「ヨミョン号」と一般貨物船「テピョンサン号」が上海の港に、6日午前(現地時間)には「ヒチョン号」がロシアの港に入港を拒否されていたことが分かった。

韓国外交部当局者は「問題の船舶は、中国とロシアの港に入ろうとしたところ、入港を拒否された。韓国政府が北朝鮮の船舶の日程を事前に把握し、中国とロシアに入港拒否を要請した」と明らかにした。韓国政府は国連の制裁対象となった北朝鮮の船舶31隻をリアルタイムで追跡し、入港の日程を該当国に伝達しているという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国政府はよくやっている。最後まで強硬な姿勢を貫いてほしい」
「金正恩(キム・ジョンウン)は相当苦しんでいるだろうね」

「北朝鮮が滅びる日もそう遠くなさそう」
「国連加盟国が一丸となって北朝鮮の暴走を止めようとしている。朝鮮半島の平和のため、韓国政府はこの機会を逃してはいけない」

「入港禁止ではなく、制裁対象の船舶をすべて沈めるべき」
「入港させて船を没収すればいいのに」

「中国とロシアが国連の決議をちゃんと守りさえすれば、金正恩の核開発の夢を壊すことができ、北朝鮮国民を救うことができる」
「北朝鮮国民の生活のことは考えないの?同じ民族なのにひどい…」(翻訳・編集/堂本)