アメリカ国防総省がアルシャバブの訓練施設を空爆 戦闘員150人超を殺害

ざっくり言うと

  • 米国防総省は7日、ソマリアでアルシャバブの訓練施設を空爆したと発表した
  • 5日に無人機を使って実行され、150人以上を殺害したと分析している
  • 戦闘員の訓練終了で、アメリカへの大規模攻撃が迫っていると判断したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング