7日、米韓による合同軍事演習が始まったことに対して、北朝鮮は反発を示し、韓国や米国本土への攻撃も辞さないと述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月7日、AP通信によると、米韓による合同軍事演習が始まったことに対して、北朝鮮は反発を示し、韓国や米国本土への攻撃も辞さないと述べた。

米韓軍は7日、合同軍事演習を韓国各地で開始した。韓国軍約30万人、米軍約1万7000人が参加するもので、過去最大規模であるという。北朝鮮国防委員会は同日、声明を発表し、韓国や米国本土への攻撃も辞さないと表明し、先制的な核攻撃になるだろうと述べた。これに対し、韓国国防省の文尚均報道官は、北朝鮮は自国の破滅につながるような軽率な行為を控えるべきだと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「遅かれ早かれ、私たちはこの愚かな人物と関わらなければならないだろう」

「米国と韓国はこの脅威を真剣に受け止めなければ、北朝鮮の行為によって自分たちが権力を失うことになるかもしれない」

「なぜ私たちはあの愚か者を排除できないんだ?スナイパーに頼めばうまくいく」

「あの太った若者は毎年恒例のかんしゃくを起こしている」

「オバマ大統領はどうなってしまったんだ?もしトランプ氏が大統領なら、あの小太りの指導者を吹き飛ばしているだろう」

「北朝鮮が私たちを脅してくるのを15年も見続けてきている。これはまだニュースなのか?」

「吠えるばかりで噛みつくことはしないよ」

「北朝鮮を本当に支配しているのは誰だ?あの太った若者ではないだろう」(翻訳・編集/蘆田)