「真空ステンレスサーバー」で風昧や香りを逃さず、省工ネ保温

写真拡大

タイガー魔法瓶は、「マイルド」「ストロング」の2つのホットコーヒー用に「アイス」を加えた、選べる3つのコースを搭載したドリップタイプのコーヒーメーカー「ACE‐S080」を、2016年3月21日に発売する。

「マイルド」「ストロング」「アイス」の3つのコースと、魔法瓶メーカーならではの「真空ステンレスサーバー」で、自宅でも1年中おいしいコーヒーを適温で楽しめる。「アイス」コースは、氷を入れておいたサーバーに抽出。コーヒーを急冷することで、おいしく味わえる。

しっかり蒸らして抽出する「マイコン深蒸しドリップ」&「シャワードリップ」は、注ぐお湯の量と時間をマイコンで制御。まずはコーヒー粉にお湯を少し注いでから蒸らして、その後「シャワードリップ」でまんべんなくお湯を注ぎ、蒸らし工程で引き出した旨みをしっかり抽出する。「真空ステンレスサーバー」は、ヒーターで加熱しないため、煮詰まりを防ぎ、風昧、香りを逃さず省工ネ保温。また保冷効力も高く、アイスコーヒーも冷たいままでキープできる。結露しないので、そのまま卓上に置いてもテーブルを濡らす心配がない。

また、コーヒー粉をしっかり膨らませるため、リブを深くしたフィルターケース「深リブフィルター」を採用。ペーパーとフィルターケースのあいだに空間ができ、奥深くコクのある味わいをつくる。

ドリップ後に自動で通電がオフになる「オートオフ機能」、お手入れや給水がしやすい着脱式水タンクを搭載した。

オープン価格。