画像

写真拡大 (全2枚)

 クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、Zuora提供のサブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォーム「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(以下、RBM)」を採用。サブスクリプション・ビジネスの強化と、さらなる事業の拡大を目指す。

 クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、Zuora提供のサブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォーム「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(以下、RBM)」を採用した。

 企業がサブスクリプション・ビジネスを開始する際には、新たなプライシングや契約管理、請求・回収などの諸業務が発生する。これらは既存のERPやCRM、販売管理などのシステムでは対応が難しく、改修などが必要となることが多い。そのため、バックオフィス業務の煩雑化や市場導入期間(Time To Market)の遅れが発生することがある。

 今回、freeeが採用したRBMは、これらサブスクリプション型ビジネスのための業務を支援するもの。これにより、同社は新サービス市場導入期間を従来と比べ40%短縮するとともに、顧客ニーズに合わせたプラン展開が容易となる。これにより、サブスクリプション・ビジネスの強化と、さらなる事業の拡大を目指す。

MarkeZine編集部[著]