6日、網易体育によると、マレーシアで行われた卓球の世界選手権団体決勝で日本女子は中国と対戦し、0−3で敗れたが、注目を集めたのは会場の様子だった。

写真拡大

2016年3月6日、網易体育によると、マレーシアで行われた卓球の世界選手権団体決勝で日本女子は中国と対戦し、0−3で敗れたが、注目を集めたのは会場の様子だった。

【その他の写真】

準決勝までは空席も目立ったが、決勝の会場は中国の大応援団で埋め尽くされた。実はこの日、大会の某スポンサーが中国チームを応援しようと、中国から1万5000人の社員らを招待していたのだった。

福原愛は「会場に入った時は、大勢の応援団を見てすごく驚いた。でも、試合が始まったら完全に試合に集中していたので、影響はなかった」と語っているが、実力でも差がある上、完全アウェーという環境がさらに戦いを厳しくしていたことは間違いないだろう。(翻訳・編集/北田)