「本当にスマートな」スマート空気清浄機「Airmega」

写真拡大

新鮮な空気は重要だ。だが、現代においてそれを手に入れるのは難しい。そんな問題を解決するためにつくられたスマート空気清浄機「Airmega」は、パワフルで、魅力的で、静かで、遠隔操作もできてしまう「本当にスマート」な優れものだ。

「「本当にスマートな」スマート空気清浄機「Airmega」」の写真・リンク付きの記事はこちら
airmega02

2/6PHOTOGRAPH COURTESY OF AIRMEGA

airmega03

3/6PHOTOGRAPH COURTESY OF AIRMEGA

airmega04

4/6PHOTOGRAPH COURTESY OF AIRMEGA

airmega05

5/6PHOTOGRAPH COURTESY OF AIRMEGA

airmega06

6/6PHOTOGRAPH COURTESY OF AIRMEGA

新鮮な空気を手に入れるのは、思っているよりずっと難しい。ペットを飼っていたり、都市に住んでいたりするなら、あるいは外が寒かったら(=暖房を利用していたら)、あなたはほぼ確実に汚染物質を含む空気を吸っていることだろう。そうした空気は健康を害する可能性があり、喘息やアレルギーを引き起こしたりもする。

職場や電車の中で吸う空気はどうしようもないかもしれないが、自分の家の中の空気ならコントロールすることができる。だが、ほとんどの空気清浄機は醜く、うるさく、そしてなかには、深刻な肺刺激性物質となりうるオゾンを発生させるものすらある。

Airmega」(エアメガ)はこうした問題すべてを、スマート空気清浄機をつくることで解決しようとしている。同名の空気清浄機は、(そこそこ)魅力的で、静かで、有害物質を出すこともないのである。

これは、本当に、スマートなスマート家電でもある。Airmegaは家の空気を常に新鮮に保ってくれ、もし外出中に自宅で何かが悪臭を放ち始めたら、アプリ(当然アプリがあるのだ)が知らせてくれる。そうした知らせが届いたら、清浄機をリモートで起動しておけば帰ったときには家の空気はきれいになっている。便利な自動モードにしておけば、空気が悪くなってきたら清浄機が自動でオンになり、エコモードにすれば10分後に自動停止する。

このマシンは2つの面にフィルターが付いており、汚い空気を吸い、綺麗な空気を吐き出す。そうすることで、マシンは1時間に2回、1,560平方フィート(475平方メートル)の広さの空気をリフレッシュすることができる。エアメガによれば、カーボンとHEPAフィルターによって、空気中のゴミを99.97パーセント取り除くことができるという。そしてフィルターの交換時期は、アプリ(と装置上面にあるセンサー)が教えてくれる。フィルターは1年間使用できるそうだ。

ただし、このマシンは安くははない。小さいモデルの「300S」は、今月後半にエアメガやAmazonから650ドルで販売開始予定。大きいモデルの「400S」は850ドルだ。だが、肺の健康にもたらす価値を考えれば、高価すぎることはないのではなかろうか?

TAG

Air PollutionGadgetGalleryWIRED US