世界ランク14位に後退した松山英樹(Photo by David CannonGetty Images)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、「WGC-キャデラック選手権」で2週連続優勝を果たしたアダム・スコット(オーストラリア)が6位に浮上した。また、同大会を3位タイでフィニッシュしたローリー・マキロイ(北アイルランド)が世界ランク2位にランクアップ。35位タイで終えた松山英樹は14位に後退、61位タイだった宮里優作は101位をキープした。
【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(11.35pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.86pt)
3位:ジェイソン・デイ(9.63pt)
4位:バッバ・ワトソン(9.01pt)
5位:リッキー・ファウラー(8.18pt)
6位:アダム・スコット(7.48pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.18pt)
8位:ジャスティン・ローズ(6.22pt)
9位:ダスティン・ジョンソン(5.99pt)
10位:パトリック・リード(4.89pt)
14位:松山英樹(4.52pt)
72位:片山晋呉(1.94pt)
91位:池田勇太(1.56pt)
100位:岩田寛(1.47pt)
101位:宮里優作(1.45pt)
115位:藤本佳則(1.39pt)
126位:石川遼(1.29pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
自分なりの走り方で勝利したA・スコット【舩越園子コラム】
「日に日に良くなってる」松山英樹、35位も怪我の回復に手応え
宮里優作は61位タイにもめげず 次戦はニュージーランド
いま話題の最新ドライバー22本を徹底検証
ユーザーが一番飛ぶと評価したFWがこれだ!