2016年2月の新車乗用車販売台数(月別ランキング・軽自動車、海外ブランドを除く)が、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より発表されました。

登録車全体としては前年同月比で95.4%、乗用小型車(5ナンバー)に限れば前年同月比86.4%となっていますが、これはトヨタが一週間の工場停止を行なった影響もあると考えられます。

そのトヨタですが、新型プリウスのセールスランキングトップの座は譲りません。2位も同社のアクアとなっていて、失策があってもライバルがトップを奪えないほど商品力・販売力ともに国内では圧倒している状況が鮮明になってきました。

なお、メーカー別の前年同月比では、ホンダ(107.0%)と日産(102.8%)が前年同月比を超えているのに対して、スバル(91.4%)とマツダ(88.9%)が勢いを失っているように見えます。

T32-151216-06-1200x684

2016年2月登録車・乗用車セールスランキング(自販連調べ)
1位 トヨタ プリウス 19,010台
2位 トヨタ アクア 14,010台
3位 ホンダ フィット 10,013台
4位 日産 ノート 9,800台
5位 トヨタ シエンタ 8,308台
6位 トヨタ ヴォクシー 7,696台
7位 日産 エクストレイル 7,367台
8位 ホンダ ヴェゼル 7,035台
9位 トヨタ カローラ 6,708台
10位 日産 セレナ 6,569台

前月は、プリウス・アクア・シエンタというトヨタハイブリッド車がトップ3を独占していましたが、2月はフィットとノートという量販モデルが上がっています。

トップ10で目を引くのは、日産エクストレイルの躍進。2015年12月にエマージェンシーブレーキを標準装備化するなどのマイナーチェンジを実施したことによる商品力アップの効果でしょうか、ついにライバルであるホンダ・ヴェゼルを上回ってきました。

そのヴェゼルも2016年2月のマイナーチェンジにより新グレードの追加や先進安全システムの搭載などを行なっています。今後のランキングでは、エクストレイルとヴェゼルというSUVの人気争いにも注目といえそうです。

PRIUS_13_sPRIUS_01_sPRIUS_11_sT32-151216-06-1200x6844160225-vezel_017Haqua1511_02_s

【関連記事】

2万台超えのトヨタ・プリウスが2016年1月新車販売月間トップ
http://clicccar.com/2016/02/08/352835/

愛知製鋼の事故によりトヨタの国内工場が1週間も全停止!
http://clicccar.com/2016/02/04/352184/

新型「プリウス」販売好調! 2ヶ月連続で国内販売首位に
http://clicccar.com/2016/02/07/352579/

日産エクストレイルにエマージェンシーブレーキを標準装備、特別仕様車も設定
http://clicccar.com/2015/12/20/343941/

国内人気ナンバーワンSUVのホンダ・ヴェゼルがマイナーチェンジ
http://clicccar.com/2016/02/26/356846/

2016年2月の新車販売。工場が止まってもトヨタが他を寄せつけず(http://clicccar.com/2016/03/08/358752/)