4日、韓国の従軍慰安婦を描いた映画「鬼郷」が韓国で連日チケット販売1位を記録する中、映画鑑賞に付き物のポップコーンの扱いをめぐって韓国のネット上で激論が交わされている。写真はポップコーン。

写真拡大

2016年3月4日、韓国の従軍慰安婦を描いた映画「鬼郷」が韓国で連日チケット販売1位を記録する中、映画鑑賞に付き物のポップコーンの扱いをめぐって韓国のネット上で激論が交わされている。韓国・アジア経済が伝えた。

「鬼郷」は先月24日、韓国の300余りの映画館で上映が開始されて以降、連日チケット販売1位を記録し、国民的な関心を集めている。こうした中、あるネットユーザーが「『鬼郷』を見る時にポップコーンを食べるなんて理解できない」との主張を掲示板に掲載した。このユーザーのように「これほど悲しく怒りを覚える映画で食べ物が喉を通るのか」と訴える「ポップコーン反対派」に対し、「ポップコーンを食べるかどうかは民主主義国家における自由だ」と対抗する意見が寄せられているのだ。

このほか同作品をめぐっては、「忙しくてまだ鑑賞できていない」とネットで告白したユーザーがSNSのグループから強制的に排除される一件も起こり、物議を醸している。ユーザーはこうした扱いを不当と訴えたのだが、これに対しては「韓国国民なら『鬼郷』は必ず見るべき」「映画を見た証拠写真を撮って、グループの運営者に毎日送れ」とむしろ厳しいコメントが相次いでいる。

記事はこうした事態に、「自分の考えを他人に押し付けるのは、『鬼郷』が伝えようとしている価値とはかけ離れているのではないか」と問い掛け、ネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「他人の自由を奪うのは日本軍の行為と変わらない」
「第2次世界大戦の映画を見る時だって、ポップコーンを食べるじゃないか。映画館に行って悪口を言われて帰って来なきゃいけないのか?」
「なぜ食べる物にまで…。朝鮮戦争の映画だって食べながら見るよ」

「情けないという言葉しか出ない。けんかの種がなくてこんなことで…」
「実に無駄なことでけんかしてる」
「韓国の集団主義は本当に問題」
「ここまで来たらさすがに病気でしょ。こういう人たちは洗脳されやすいだろうね」

「セウォル号の時も似たような雰囲気だった。もちろん犠牲になった人をとても気の毒だと思っているのに、過度な悲しみが強要されて、悲しみに同調しないという理由で責められたりした」
「大事なのは、映画を見て歴史を忘れないようにすること。ポップコーンを食べようが、イカをかじろうが、関係ない」(翻訳・編集/吉金)