途中離脱の米本「もう長期離脱はしたくない」

写真拡大

 合宿初日の途中離脱となった。MF米本拓司(FC東京)は7日から千葉県内で始まった日本代表候補合宿に参加したものの、FW金崎夢生(鹿島)とともに別メニューで調整。同日夜にチームから離脱することが決まった。

 フル出場した前日6日の仙台戦(2-1)で負傷し、「昨日も(試合が)終わったあとは痛かった」という。「ここで終わりじゃない。悪化させても意味がないし、しっかり治したい。リーグ戦もACLもある。長引くケガにならないようにしたい」と、大事を取った。

「自分は大ケガもしているので、サッカー人生でもう長期離脱はしたくない。今季の目標はケガをしないこと。しっかり治して、また呼ばれるようにがんばりたい」

 米本は同日夜に宿舎で行われたミーティングまで参加し、チームを離脱。代わってMF永木亮太(鹿島)が追加招集された。なお、同じく週末のリーグ戦で負傷し、別調整だった金崎について霜田正浩技術委員長は「明日は一緒にやる」と、翌8日の練習から合流することを示唆した。

(取材・文 西山紘平)